医師のカウンセリングを受けよう【安心してほくろの除去ができる】

それほど痛くない方法も

カウンセリング

悩みは色々です

ここにほくろが無ければ良いなと考えることはないでしょうか。従来は取り除くにはメスで切開を加えたり、医療用ハサミなどで切除する必要があったので、僅かとは言えども身体に侵襲を伴うのは確かで、二の足を踏む人も少なくありませんでした。しかし最近では美容クリニックを受診すると、レーザー照射でほくろを取り除く治療を行うことが可能になっています。具体的にはどのように行われているのでしょうか。最も一般的なものは炭酸ガスレーザーを使用するものです。レーザーには色々な作用を持つものがあり、色素に反応して過熱する種類もあります。この点炭酸ガスレーザーでは細胞内の水分に反応して加熱反応が発生し細胞がはじけ飛ばされることで、ほくろが取り除かれるという仕組みになっています。レーザー治療のメリットは平坦で外科的に除去するのが難しいタイプや、色味が少ないものもしっかりと解消することが可能な点です。なおレーザー治療ではゴムで弾かれるような痛みがあるので、事前に局所麻酔を行います。そもそも「ほくろ」とは皮膚の表皮やその下の真皮層などに存在するメラノサイト細胞から、メラニン色素が分泌されて高い密度で凝縮したものです。医学用語では色素性母斑の名称がありますが、そのバラエティは豊富で稀には背中一面を黒い母斑が覆う症例もあるほどです。尤もそこまで巨大母斑が出現することは稀ですが、体のどこにでも発生する可能性があり、顔や首など人目につく場所に発生すると、その存在がもとでコンプレックスを感じる場合もあります。審美的に問題になるのは表面に隆起を伴う大きなサイズのほくろ、だけではありません。小さいものが顔や首筋に多数発生しているおかげでメイクでも隠せない状態だったり、シミとほくろの見分けがつかないなどの悩みを抱えている方も多いです。多くは生まれつき盛っているものですが、年齢を重ねるに従って数が増加する場合もあるのです。多くはレーザー治療など身体への負担が少ない治療で対処できますが、数が多いと数回に分けてレーザー照射をする場合もあります。