医師のカウンセリングを受けよう【安心してほくろの除去ができる】

悩みが解決する

顔に触れる女性

手軽な方法

ほくろは皮膚にあるメラニン色素から作られた黒い皮膚腫瘍です。黒色をしている場合が多いですが、中には茶色もあります。肌には一定の期間で新しく生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる働きがありますが、これが乱れることで皮膚にメラニン色素が残ってほくろができます。また人間には生まれながらにしてできているものと、成長過程の中で発生するものがあります。その大きさもさまざまですが、たいていは6mm未満です。時間が経つにつれてほくろ自体が大きくなったり、色がさらに濃さを増すこともあります。一方、薄くなることやイボのように盛り上がってくる場合もあります。ほくろはできた場所によってチャームポイントになりますが、中にはほくろだと考えていたものが悪性黒色腫と呼ばれる皮膚ガンだったということもあります。もし急に大きくなった、周りが丸くなくなったなどの気になる変化があれば、早めに病院に行く必要があります。病院には皮膚の一部を切り取り組織検査をする方法や、超音波やCTそしてMRIなどを使った検査もあります。ほくろはできた場所や大きさによって、その人の魅力にもなるし悩みにもなります。もし大きな悩みになっているのなら、除去も簡単にできます。除去方法には、電気分解法という電気メスを使ったやり方があります。5mmほどのほくろであれば、一般的にはこの方法で手術を行います。またほくろの周りを切開してから縫合する切縫法は、5mm以上ある大きなほくろの除去に適しています。もう一つのポピュラーな方法が炭酸ガスレーザーです。全てに共通しているのは、手術は日帰りで済み、麻酔を使用するためさほど大きな痛みを感じることなく手術が終わることです。そして手術の後は時間の経過とともに自然と目立たなくなります。除去する手順ですが、まず医師によるカウンセリングと検査があります。ここで気になることや心配事について細かく相談ができます。納得ができたら、痛みを感じないように麻酔をしてから施術を始めます。その後ホームケアの方法を教わって終了という流れです。手術への心配があってもその前に話をする機会もあるため、安心してほくろの除去ができます。

医者と看護師

除去の仕方や治療法

ほくろの状態によって適切な治療方法が異なりますので、除去する際にはまずはカウンセリングを行って医師と相談しながら除去方法をきめましょう。切除縫合や炭酸ガスレーザーでの除去が一般的な治療とされています。

詳しく見る

顔に触れる女性

色々なケースに対応

クリニックでのほくろ除去はどの様な状態にでも適切な手術方法で対応してもらう事が出来ると言うメリットがあります。クリニックを選ぶ時は評判、口コミを見るだけでなく、カウンセリングを受けて自分に合った手術方法を提案してくれるか等もチェックします。

詳しく見る

カウンセリング

それほど痛くない方法も

目立つ場所にほくろができると人目や視線が気になりますが、レーザー照射などで身体への負担も少ない方法で解消できます。ただほくろの現れ方には個人差があり、1回で治療を完遂できない場合があります。時には数回に分けてレーザー照射する場合もあります・

詳しく見る

医者

場所によっては邪魔になる

ほくろはあっても邪魔にならない場所と、出来れば除去してしまいたい場所があると考えられます。また中には悪性と言われるものもあり、早急に除去した方が良い場合もあります。その時の病院選びは、間違わないようにするべきです。」

詳しく見る

医者

短時間で実現可能です

顔や身体の一部に存在するほくろを除去したい場合には、医療用のレーザーを使用して除去してくれるクリニックを利用すると良いです。ほくろの除去に対応するクリニックでは、しっかりとカウンセリングを行って計画的に施術を実施しています。

詳しく見る